コレクション展

第2回・コレクション展 「コレクションの肉づけ」
Permanent Collection Part II: The Expansion of our Collection

2021年6月10日[木] ~  8月1日[日]

 1997年3月23日に開館した宇都宮美術館では、それ以前の開設準備室時代から今日に至るまで、「生活と美術」「地域と美術」「環境と美術」を三本柱とする収集方針に則り、幅広い領域の作品を収蔵してきました。2021年4月1日現在の収蔵作品総数は6,829点に及び、主に20世紀以降の美術とデザインに焦点を当てた特徴的なコレクションが形成されています。
 第2回・コレクション展は、これまでの収集・保管、調査・研究の活動成果となる収蔵品を、収集方針の体系に沿って偏りなく紹介することにしました。そして、領域を超えるテーマ、造形・社会史上の出来事などが作品を結び、コレクションの構築と理解の「肉づけ」になることを示します。また、グラフィック・デザインでは、1964年に開催された「オリンピック東京大会」を特集します。

清水 登之 《パリ郊外 ムードンの丘》 1920年代後半

五百城 文哉 《日光東照宮図》 1900年頃

コレクション展 風景